2014年「万人の響」
オーケストラと愛の
コンサート
2011年「」万人響」
愛のコンサートin 滝川
2011年「万人響」
オーケストラ
と愛のコンサート




2010年
2009年
2008年
2007年
2006年


2009年

当実行委員会の主旨に
賛同を戴き、今後の運営、
進行を円滑にするためと
情報提供のために協賛を
頂きたく指導者(個人)
会員を募集致します。
詳しくはこちらを
ご覧ください。






メールはこちらまで



2月22日 読売新聞朝刊
読売新聞の朝刊に「万人の響」オーケストラと愛のコンサート
開催の記事がでますので是非ともご覧ください。

詳しくはこちらをご覧ください。


2月22日 HTBテレビ 05:30〜06:25 おは天

2部にご出演された柴田夫妻が「万人の響」オーケストラと
愛のコンサートに出場するまでのドキュメンタリーを
放送予定いたしました。



2月21日 NHK総合テレビ 18:10〜19:00 ネットワークニュース北海道

1部にご出演された齋藤玲奈さんが下記の内容で放映されました。
▽目が不自由ながらピアノの演奏に打ち込む江別市の女子高校生が、初めてオーケストラとの競演に
挑みました。その思いを「輝け!北から」でお伝えします

<コンサートは終了しました>
「万人の響」オーケストラと愛のコンサートは大盛況で終了いたしました。
ご来場の皆様、出演者の皆様、そしてこのコンサートにご支援ご協力を賜りました皆様に感謝申し上げます。


(2月10日)読売新聞
「万人の響」
オーケストラと愛のコンサートが掲載されました
(2月6日)北海道賛歌メドレー
 特別出演される4団体
ホクレングリーンコール/男声合唱団ススキーノ/
男声合唱団「FORZA」
/
小樽市役所グリークラブ
の合同練習を
実施いたしました。 

柴田憲克さん美樹さん夫妻
(1月20日)北海道新聞
「万人の響」
オーケストラと愛のコンサートが掲載されました
日時: 2011年2月20日(日) 開演15:00(開場14:30) 終了しました。
会場:札幌コンサートホールkitara大ホール
■指揮: 山田 美穂・鎌倉 亮太
管弦楽: ノースフェスタ管弦楽団
出演者: 万人(児童から大人・身体の障害や病気と闘う方・ピアニスト・合唱団)
■プログラム
「バイエル第88番」、「小さな木の実」、「エリーゼのために」などの小品
モーツアルトやベートーウェンのビアノ・ソナタ 他
ショバン ピアノ協奏曲第1番より第2楽章
モーツアルト ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」より第1楽章
クリーグ ビアノ協奏曲イ短調op 16
シューマン ピアノ協奏曲イ短調op 54
北海道賛歌メドレー 「時計台の鐘」「虹と雪のバラード」 「雪の降る街を」
 「宗谷岬」 「知床旅情」 「恋の街札幌」「この青空を」 他
■特別出演:(ピアニスト) 宮澤 むじか山崎 理恵
       (男声合唱団)(
ホクレングリーンコール/男声合唱団ススキーノ/
                 男声合唱団「FORZA」
/小樽市役所グリークラブ
 
主催: 「万人の響」オーケストラと愛のコンサート実行委員会
                     ピアノコンチェルトノースフェスタ実行委員会

後援: 札幌市・札幌市教育委員会・札幌商工会議所・北海道
 日本のみならず海外でも活躍されているピアニストの宮澤むじかさんが、
「万人の響」オーケストラと愛のコンサートに出場して頂ける事になりました。 

 3歳より札幌コンセルヴァトワールにてピアノを始める。
藤女子中学・高等学校卒業後、渡仏しエコールノルマル音楽院に入学。
ピアノ科、室内楽科、ピアノ科の演奏家ディプロマを全て審査員満場一致で
取得し卒業。これまでにピアノを上杉順子、宮澤功行、マリアン・リビツキー、
ジャン・ファシナの各氏に、室内楽を竹本利郎、セルジュ・ブラン、ニーナ・
パターチェックの各氏に学ぶ。1993年、ザグレブ国際ピアノコンクール優勝、及び
クロアチア人作品最優秀演奏者賞を受賞する他、第15回ポルトー国際コンクール
入賞、及び最年少ファイナリスト賞受賞。帰国後はハーモニーレーベルより2枚の
CDをリリースし、CD発売記念として東京サントリー小ホール、東京カザルスホール、
札幌キタラ大ホール等でリサイタルを開催。2枚のCDはいずれもレコード芸術誌に
おいて準特選盤に選出された他、各音楽誌でも高い評価を得ている。
又、DVD「MUSICA Anniversary」も好評発売中。近年は札幌を拠点に日本各地、
フランス、ベトナム、韓国等、海外でも演奏活動を行う他、日本舞踊家の藤間蘭翔や
華道家の假屋崎省吾とのコラボレーションステージなども展開している。
2010年11月には在日ベルギー大使館にて皇后陛下ご臨席の下、演奏を行う。
尚、これまでにザグレブ国立放送交響楽団、ポルトー国立オーケストラ、キエフ交響
楽団、ワルシャワフィルハーモニー管弦楽団等と共演。道内では北大オーケストラ、
北海道交響楽団とも共演している。 
 現在、札幌コンセルヴァトワール専任講師。 

http://www.conservatoire.co.jp/stream/musica.html
2009年カナダバンクーバーにて国際障害者ピアノフェスティバル金賞受賞
2010年9月20日開催の2010年ピアノコンチェルト・ノースフェスタの本選大会にゲスト
出演された山崎理恵さんが、2011年2月の「万人の響」オーケストラと愛のコンサートに
出場して頂ける事になりました。旭川ではヤマハプレイガイド(旭川)、
カワイ旭川ショップでチケットを取り扱っています。


 旭川出身、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒。15歳まで
ヤマハ音楽教育システムで指導を受け「札響とYOCコンサート」、TV番組「オリジナル
コンサート」出演。道内、道外のコンクール、オーディションの数々で上位入賞を果たし
東京でのリサイタル、郵船クルーズ「飛鳥」での演奏で世界一周など華々しい活躍中に
20歳で発病した膠原病とその後他の病気との合併症で脊髄を損傷、車椅子生
活となりプロ活動を断念。05年に心ある人達の試行錯誤により3年後にピアノペダル・
アシスト装置の完成に至った。08年7月より車椅子のピアニストとしてプロ活動を再開。
テレビ、新聞などマスコミ関係に取り上げられ北海道知事より感謝状を授与。
ホームページ 
http://www.rie-yamazaki.name/
ノースフェスタ管弦楽団と山崎理恵さんの初協演のグリーグ ピアノ協奏曲 
イ短調op.16 第3楽章(カットあり)の動画はこちらをクリックして下さい

Information


Copyright(C) 2009 North Festa All Rights Reserved.